前へ
次へ

教会での結婚式では信者である必要性があるのか

教会での結婚式を行うということになりますとまずはキリスト教の信者であるのかどうかということが求められるのですがカトリックの場合には片方がどちらかが信者であるということが前提になります。
しかし、プロテスタントであれば信者じゃなくても構わないということになっていますのでチャペルをはじめとして個ぐらいの挙式場のほとんどがプロテスタント式になっています。
緩いというわけではないのですが、元々カトリックに対するものとしてプロテスタントが出てきたわけですからそれなりに幅広く門が開かれているということになるでしょう。
神父と牧師、祭壇と聖壇など色々とプロテスタントとカトリックでは同じような協会の中にあるものでも違ったりする言い方をするので少なくともそういう形で結婚式を行うのであれば、間違いないようにしましょう。
大して多いことではありませんし、その時だけでも良いですから覚えておくようにすることです。
これは必須ではないですが、そのほうが美しいです。

Page Top