前へ
次へ

結納式ではなく婚約式をするケースが多い

古くからある冠婚葬祭として結婚式や結納式があります。
結納式は結婚の前に婚約を両家に知らせるために行う式として昔から行われていて、現在は省略するケースが増えています。
この結納式に変わって行うことが多くなってきたのが婚約式です。
婚約の時に行う式なので、結納式と婚約式の両方を行うことはないでしょう。
結納式は大金のやり取りがあるうえしきたりもあるので互いの慣習で行おうとするともめるときもあります。
でもいきなり結婚式をしたくないときもあり、その時に婚約式を行って両家で簡単な顔合わせをします。
古くからある儀式ではないため正式な決まりはありませんが、結納式に準じた式の位置づけで考えておくと良いでしょう。
婚約式を行うのは格式の高いホテルの個室などを使い、一定のコース料理を食べながら両家で会食をします。
結納金などの交換は行わないものの、婚約指輪や婚約記念品があるならその交換などを行います。
食事をする以外にはいろいろな話をしますが、結婚式のことなどを話すと良いかも知れません。

Page Top